折り畳みのスプロケを交換してみた。

 2014-02-12
今回は自転車記事です。

最近折り畳みで長距離走ることが増えてきた為、激坂?対策でスプロケットを交換してみました。

交換するのはこちらアリビオ(笑)グレードの11-34tです。(アリビオが悪いって訳じゃないですよ、念の為)
なぜアリビオグレード(笑)かというと、本当はHG-61のディオーレグレードを注文したかったのですが、
残念ながらシマノで欠品、こちらのは2000円以下でまあ安いしおためしでって事でこちらのスプロケにしてみました。
01DSC_0058.jpg
さくっとスプロケをはずしたついでにハブベアリングのグリスアップもいっしょに行いました。
実は想像以上にゴリゴリ感があり、そのまま組み付けるのはさすがにって状態だったのですが、、、。
02DSC_0053.jpg


まあベアリングに傷もなく、出荷時の玉あたりの調整が微妙だっただけなのですが、
03DSC_0055.jpg


きれいに古いグリスを拭き取って、新しいグリスを入れて、まじめに玉あたりの調整を行いました。
結果ものすごーくスムーズに回るようになって大満足!!やっぱり最初の調整って重要だなーっと今更思いましたw。
04DSC_0056.jpg


お次はいよいよスプロケ交換です。
上が新しく付ける11-34t、下が今まで付いてた11-32tです。
こうみるとサイズが全然ちがいますね~。
あと表面の色がちょっと違うかな?
05DSC_0059_20140212191309442.jpg


っと、ひっくり返すとこんな事に、、、。
今まで付いてたのはHG-61-9という今回のより一つ上のグレードだったのですが、
全然肉抜き具合が違いますね、、、。今回のは見るからに重そうです、、、。
おっかないので重さはあえて量らなかったのですが、まあ安かったし仕方ないですね、、。
たぶん変速性能は変わらないはず。そして剛性もありそう!!
06DSC_0060.jpg


さくっとホイールにつけて、ってやっぱりおっきいw。
07DSC_0061.jpg


そして車体につけて変速するかチェックして完成です!!
今付いているディレーラーはサンツァーの謎?ディレーラーなので情報がなく、
34tを付けたときにキャパシティ足りるか心配だったのですが、問題なく動作してくれました。
ここでディレーラー交換しろよw、って突っ込みがあるかもですが、
見た目もすっきりしてるし、一応普通に変速してるので、壊れるまではこれでいく予定なのですw。
元々8速用のディレーラーをそのまま9速で、しかも34tで使う事になるので、限界まで性能を使ってる気がしますがw。
08DSC_0062.jpg


最後に簡単なインプレですが、
実際乗ってみるとフツーに変速してくれました。
ただスプロケのグレードが落ちたせいか、変速時のカチャカチャ音がうるさくなった気も、
なじんでないだけかもなので様子見ですが、
あと34tのギアはかなり軽い印象でした。
まだ激坂とか登ってないのでなんともですが、少しは楽にヒルクライム出来そうな気がしますw。
週末長距離乗ってみる予定なので、ギアがワイドレシオになった悪影響とか、
ギア比が変わった印象とか、34tの効果とかは後ほど詳しくレポ出来ると思います。
今まで32tでも坂がしんどいだけで登れないって事はなかったので、
ギアのつながりとかイマイチだったり、34tの恩恵をあまり感じられなかったらまた元の32tに戻すかもです。


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ :
コメント














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nabenabe20.blog71.fc2.com/tb.php/389-2597d244

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫