スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

2012夏旅行 その6 グランドキャニオン パート1

 2012-10-05
もう涼しくなってきてますが、夏旅行レポの続きです。
実は前回のフーバーダムは今回の目的地グランドキャニオンに行く途中の休憩ポイントでした。
もちろんフーバーダムも有名な観光地ですので超お勧めです!!。
フーバーダムを通過し、再びフリーウェイをひた走ります。
01DSC_7906.jpg
途中の街をパシャリ。こういう雰囲気の街は大好きです。
02DSC_7914.jpg
そしておやつ補給その1
日本に売ってないモンスターエナジーが売ってたので買ってみました。
色がブルーで勝手にさわやかなラムネっぽい味を想像したのですが、、
ゲキマズでした。甘くない薬みたいな風味で、完全に失敗ですw。
後で調べたらカロリーオフの商品だったみたいです。
03DSCN0421.jpg
おやつ補給その2
やっぱりA国といえばビーフジャーキーです。
こっちは日本のと比べて肉厚でとっても美味しかったです。しかも安いのがポイント!!
白いマウンテンデューは普通でした。
04DSCN0423.jpg
フーバーダムを出て4時間ぐらい、いよいよグランドキャニオンの看板が見えてきました!!。
05DSC_7940.jpg
そして着きました!!グランドキャニオンです!!。
ここからはグランドキャニオン写真を連続で。
06DSC_7954.jpg
07DSC_7958.jpg
08DSC_7965.jpg
09DSC_7971.jpg
バリィさんとグランドキャニオン。たぶん初上陸?かな
10DSC_7975.jpg
11DSC_7983.jpg
12DSC_7990.jpg
13DSC_8010.jpg
14DSC_8018.jpg
15DSC_8022.jpg
ちいかと記念撮影。
16DSC_8047.jpg
この写真に写ってる川までなんとハイキングで行けるみたいなのですが、
17DSC_8035.jpg
ハイキングルート?
18DSC_8116.jpg
日帰りで行くと死ぬことがとの看板があり、もちろん断念ですw。
19DSC_8089.jpg
再びバリィさん。
20DSC_8109.jpg
だいぶん日が落ちてきました。ラスベガスだと40度ぐらいだった記憶がありますが、
さすが高原、ものすごく涼しかったです!!。
18DSC_8137.jpg
ここからはちいかの写真を連続で。
21DSC_8081.jpg
22DSC_8128.jpg
23DSC_8121.jpg
24DSC_8124.jpg

グランドキャニオン、まさにアメリカという感じの壮大な景色だったのですが、
写真の腕がへちょいので魅力を伝えられないのが残念です。
この日はグランドキャニオンの近くに宿泊し、翌日も少し観光したので、
次回のA国レポもグランドキャニオンの続きを載っけて行く予定です。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
No title
様々な角度からの、グランドキャニオンの写真に感動しました!
まさに「雄大」ですねw
お写真を見ているだけでも、その情景が伝わってきて、
一度でいいから、実際に見に行ってみたくなりました。

ちいかさんと、グランドキャニオンの取り合わせも素晴らしいです!
これだけの景色を見られて、ちいかさんもご機嫌だったのではないでしょうか?

そしてバリィさん・・・ グランドキャニオンを遠く見つめる後ろ姿が、男前ですねw
【2012/10/07 00:22】 | 紳士マン #- | [edit]
Re:紳士マンさん
写真の腕がへちょいのでなかなか感動を伝えられないのですが、
少しでも楽しんでいただけたならうれしいです!!。

グランドキャニオンへは日本から直行便が出ていないラスベガスからさらに車で5時間とアクセスはよくないのですが、この景色なので超お勧めです!!。
そしてぜひ行った際にはのんびりされることをお勧めします。
自分は結構駆け足だったのですが、出来れば数日過ごしたかったです!!。

そしてグランドキャニオンでもバリィさんは大人気?でした。
記念撮影をしてるときに観光客の人にかなり注目されちゃいましたw。
【2012/10/09 19:32】 | なべなべ #- | [edit]














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://nabenabe20.blog71.fc2.com/tb.php/268-5b5fc3d5

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。